雑俳の風景―10

溝口 浩

白足袋の小鉤確かめ初稽古

 

明けましておめでとうございます、太平洋側は天候に恵まれたよいお正月です。

家から500m程の林間でのラジオ体操に行ってきました。昨日の30人の参加者もさすがに元旦ともなると16人と淋しいのですが、東の空が明けゆく中での体操は独特の趣があります。初日の出は家に帰ってから。我が家の玄関、真正面に初日が昇りました。無事に年も越せて新しい年が始ります。

藤間流の踊を習っています。もう十五年になります。高年からのお稽古ですから下手ですが長年歌舞伎の踊を観てきましたので決め所は心得ているつもりです。そんなことで今まで何回かの舞台は自己満足の範囲でやってきましたがもういけませんね、体が動きません。それでも初稽古は気をいれましょう。

初稽古を前に真っ新な足袋をはく、心が新たになります。

…つづく