こんにちは。ことば協会の佐藤です。

5月もいよいよ後半。早いものですね。

 

 

さて、先日、5月18日は

「ことばの日」

だったのだそうです。

 

「国際朗読ことば協会」としては、

聞き逃してはなりません笑

 

 

 

当日放送していた某テレビ番組では、

「もう既に”死語”になっていることば」

について取り上げていました。

 

 

その中には、

「チョベリバ」

「KY」

「バッチグー」

などがありました。

 

皆さまは、どれかお使いになっていたでしょうか。

 

もしくは、私の父(60代)のように

「バッチグー!」

と、未だ現在進行形の方もいるかもしれません。

 

 

ことばは、「生もの」。

 

 

時代が変われば、表現やイントネーションも様々です。

 

 

普段、何気なく話している日本語ですが、

その表現は、20年後、50年後には どのように変わっているのでしょう。

楽しみですね。

 

 

教えて、未来人!