ことば協会の佐藤です。

 

今日は肌寒い1日でした。

先週まで半袖で過ごしていたのが嘘のようです。

 

さて、本日5月9日に

ことば協会所属の講師陣が受け持つ受講生の方の

合同朗読発表会が行われました。

 

「発表会にご参加いただいた受講生の皆さんと講師陣」@飯田橋 東京ボランティアセンター

 

発表いただいた作品は、実に様々なものでした。

ちょっとほろっとくる「詩」を朗読なさった方、

英語で芥川龍之介をお読みになった方、

「朗読劇」というジャンルで、通常の朗読とは違ったテイストで披露なさった方など

 

日頃から、朗読を愛し練習をなさっている方々ばかりですが、

他の方にその朗読を披露する機会というのは、あまりありません。

 

ですから、今日のような日に

ガチガチに緊張しながらでも

いろんな方に自身の朗読を聴いていただくのには「意味」があるのです。

 

「次はこのように読んでみよう!」というハリにもなりますね。

 

 

また、聴き手としてのメリットもあります。

他の方の朗読を聴くことで、新たな発見があります。

新たな目標や課題点も見つかります。

 

 

私どもは、皆様に朗読を楽しんでいただくと同時に

このような朗読発表の場も、引き続き提供して参りたいと考えています。

 

今日ご参加いただいた皆様、

本当にお疲れ様でした!