こんにちは。ことば協会の佐藤恵です。

 

新年度が始まったかと思えば、もうすぐゴールデンウィーク。

汗ばむ日も出てまいりました。

 

さて、みなさんは「落語」はお好きですか?

日本の誇るべき伝統の一つですが、生で観たことのある方は

年齢差はあれど 意外と少ないのではないでしょうか。

 

私も、実はその一人で

テレビで少し観たことがあるくらいで、フルで観たことも

実際に観に行ったこともありません。

 

そんな中、先日 ある落語家を取り上げたニュースを目にしました。

 

 

カナダ人の、「桂三輝(サンシャイン)」さんです。

 

↓↓↓リンクを押すと、彼の動画を見ることができます

桂サンシャイン「敬語を英語で訳してみると」

https://www.youtube.com/watch?v=_e35wytGpBc

 

日本語の丁寧さが、逆に回りくどく、時に面白おかしくさせることがある。

「そうそう!」

と、とても楽しく拝見いたしました。

 

英語の表現と日本語の表現を融合させた、新感覚の落語は

彼にしかできない芸と 言って良いでしょう。

私は、一気にファンになってしまいました。

 

私どもも、

会員の皆様はじめ たくさんの方々に日々支えられています。

「この感謝の意は、言葉では言いつくせません」

 

この気持ちをサンシャインさん式に 訳してみます。

In order for me to express the appreciation I feel towards you, there are “NO WORDS”!

 

 

“We don’t know what to say! ” の方がしっくりきますが、NO WORDSにしてしまうところが

この話をよりおかしくしていますよね。

 

 

ことばの面白さを、英語から学んだ 出来事でした。