雑俳の風景―14 溝口 浩 離れ住む子らの名記し厄払い   今では厄払いといえば豆まきとともに節分前夜のイメージですが桂文楽の落語「厄払い」によれば正月のイメージが強いですね。 ~お家厄払いましょう厄払い、お年・・・