戊辰の船橋戦争―1

溝口 浩

船橋戦争とは

船橋とは千葉県の船橋です。ここで戊辰の戦があって船橋市街は全て炎上し、灰燼にきしたのです。こんなことを知ってる人は地元の人でも少ないのですがその時の痕跡は残っています。

そんなことで今回は知られざる船橋戦争の話です。ただあまり面白くありませんよ、何故かと言えばひとつは何故船橋が戦場になって炎上しなければならなかったのかという必然性がないこと。要するにたまたまが重なって戦闘の舞台になっただけのことなんです。ふたつめに戦闘の詳細な記録がない事。そしてこの戦にはヒーローが登場しないことなんです。

それでもこの戦は1868年(慶応4年)4月の江戸無血開城から7月の上野戦争から8月の会津戦争に繋げる、5月の戦として知っておいても無駄ではない出来事なのです。少しばかりお付き合いください。

…つづく