“人の話をきちんと聞かない、私語をする、耳で聞いて思い描く世界が持てない、など現代人の問題が指摘されていますが、もう一度「耳」の感性を取り戻す手段としても、朗読すること、朗読を聴くことが有効です。 朗読のためには充分な下読みと内容理解が不可欠です。 読み手がきちんと理解した文章でなければ、読んでも聞き手には伝わりません。 朗読のための黙読を何回もくりかえすことで、読書の楽しみも深まります。 “