“朗読は、生きる元気の源になる「元気力パワー」を秘めています。なにより、声を出すことによる生理的爽快感があります。文章をよむためには腹式呼吸が必要です。横隔膜をきちんと動かして深い呼吸をします。これは軽い運動と同様の効果がありますし、精神の安定にも役立ちます。そもそも声を出すことだけでも爽快な気分になれます。お腹から声を出す読み方ができれば、呼吸も深くなり、健康にも役立ちます。声帯から音を出し、舌、唇、のどや口の周りの筋肉を動員してよく動かせば、体のトレーニングと同様、若さを保てるでしょう。”