「2018年3月」の記事一覧

節目の時

さんぽ道

節目の時 溝口 浩   間もなく八十歳になります。この年齢は傘寿などといわれますが突然雨男になるわけでもありません。なんでも傘の字が中国の崩し字で八と十の組み合わせに見えるからで、鎌倉時代から始まったらしい。七・・・

草津温泉異聞―7

さんぽ道

草津温泉異聞―7 溝口 浩 僥倖 高崎駅のホームは東京方面に向かう人で溢れかえっていた。こりゃ大変だと思ったが救いの神が現れた。なんと列車の出口のすぐ前に階段があって「どうぞどうぞ」と口を開けている、僥倖と言わずして何と・・・

草津温泉異聞―6

さんぽ道

草津温泉異聞―6 溝口 浩 決断と即行 車掌が回ってきた。新幹線は動いているという。仮に高崎線が動いていても上野まで2時間近くかかる。まして雪に弱い東京に近づけば動けなくなるかもしれず、動いても3時間はかかるかも。そのう・・・

草津温泉異聞―5

さんぽ道

草津温泉異聞―5 溝口 浩 高崎駅の混乱   長野原草津口駅の待合室にのんびり座っていると容易ならないアナウンスが聞こえてきた。なんでも特急草津は大雪の為高崎駅で運行を取りやめる、そこから先は在来線を使って勝手・・・

草津温泉異聞―4

さんぽ道

草津温泉異聞―4 溝口 浩 特急草津   宿の車で送ってくれたバス停には多少の不安は感じても雪国の特急を信じて、15時43分発の最終便という草津2・4号にさえ乗り込めばなんとか東京までたどり着けると信じた人たち・・・

ページの先頭へ