「2017年9月」の記事一覧

戊辰の船橋戦争―7

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―7 溝口 浩 新徴組-3 新徴組の扱いに困った幕府は彼らを庄内藩酒井家に預けることにしました。酒井家は、徳川四天王の一人として数えられた酒井忠次を祖にする名家であり、幕府の信任が非常に厚かったからだろうと・・・

戊辰の船橋戦争―6

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―6 溝口 浩 新徴組-2 一方清河に率いられた残りの浪士組は、幕府の命令により江戸に戻ることになったのですが、清河はそのことを逆手に取り、幕府に攘夷実行を迫る工作を続けていたのですが、江戸に戻った清河は、・・・

戊辰の船橋戦争―5

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―5 溝口 浩 新徴組(しんちょうぐみ) 新徴組という聞きなれない組織がでて来ましたのでふれておきます。文久3年(1863)年1月、幕府によって募集された浪士組は、出羽庄内の志士・清河八郎が考案したもので、・・・

戊辰の船橋戦争―4

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―4 溝口 浩 薩摩藩の挑発 一方、江戸薩摩藩邸の攘夷派浪人は命令を無視して工作を続けていました。12月23日には江戸城西ノ丸が焼失。これも薩摩藩と通じた奥女中の犯行と噂されました。同日夜、江戸市中の警備に・・・

戊辰の船橋戦争―3

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―3 溝口 浩 討幕の難航 しかし、予定された正式な諸侯会議の開催が難航するうちに、雄藩5藩(薩摩藩、越前藩、尾張藩、土佐藩、安芸藩)はクーデターを起こして朝廷を掌握、王政復古の大号令により幕府廃止と新体制・・・

ページの先頭へ