「さんぽ道」の記事一覧

戊辰の船橋戦争―15

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―15 溝口 浩   よみがえる奥羽越列藩同盟 ところで会津戦争の前に奥羽越列藩同盟が結成されたのですが、すぐに瓦解してしまいました。この同盟のの弱点は、東北が一枚岩ではなかったというところにあり・・・

戊辰の船橋戦争―14

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―14 溝口 浩 なぜ旧幕府軍は弱かったのか ところで軍備にすぐれ、人数も多かった旧幕府軍が簡単に敗走してしまうのは何故だったのか。いろいろな原因があると思いますが、なるほどと思わせる説をご紹介します。 幕・・・

戊辰の船橋戦争―13

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―13 溝口 浩 新政府軍の逆襲 一方、鎌ケ谷にいた佐土原藩軍は、木下街道から馬込沢を経由して船橋方面に進軍しようとしました。ところが撒兵隊の別働隊が待ち構えており、馬込沢と夏見で衝突、一部の兵士は迂回を試・・・

戊辰の船橋戦争―12

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―12 溝口 浩 幕府軍の先制攻撃   新政府軍は市川・国府台近くの弘法寺(ぐほうじ)に本陣を置いて、行徳に福岡藩100、八幡に岡山藩他100、鎌ケ谷に佐土原藩200、本陣のある市川には安濃津藩4・・・

戊辰の船橋戦争―11

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―11 溝口 浩 船橋戦争の発端 江戸城の新政府への明け渡しと前将軍徳川慶喜の水戸藩預かり・蟄居が決定すると、これに不満を抱く旧幕府の将士の中には江戸を脱出する者が相次ぎました。榎本武揚は海軍を率いて館山に・・・

戊辰の船橋戦争―10

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―10 溝口 浩 江戸時代の船橋市街の繁栄 家康が土井利勝に命じて作らせた船橋から東金に至る御成街道は九十九里方面での鷹狩のための道路で、将軍が休息・宿泊する為に船橋御殿(現・船橋東照宮)があり、その他に佐・・・

戊辰の船橋戦争―9

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―9 溝口 浩 慶喜の恭順 恭順派として旧幕府の全権を委任された陸軍総裁の勝海舟は、幕臣・山岡鉄舟を東征大総督府参謀の西郷隆盛に使者として差し向け会談、西郷より降伏条件として、徳川慶喜の備前預け、武器・軍艦・・・

戊辰の船橋戦争―8

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―8 溝口 浩 慶喜の江戸退却 閑話休題、この時点では未だに総兵力で旧幕府軍が上回っていたのですが、1月30日夜、慶喜は自軍を捨てて大坂城から少数の側近を連れ海路で江戸へ退却しました。慶喜の退却により旧幕府・・・

戊辰の船橋戦争―7

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―7 溝口 浩 新徴組-3 新徴組の扱いに困った幕府は彼らを庄内藩酒井家に預けることにしました。酒井家は、徳川四天王の一人として数えられた酒井忠次を祖にする名家であり、幕府の信任が非常に厚かったからだろうと・・・

戊辰の船橋戦争―6

さんぽ道

戊辰の船橋戦争―6 溝口 浩 新徴組-2 一方清河に率いられた残りの浪士組は、幕府の命令により江戸に戻ることになったのですが、清河はそのことを逆手に取り、幕府に攘夷実行を迫る工作を続けていたのですが、江戸に戻った清河は、・・・

ページの先頭へ