昭和の噺家たちー20

さんぽ道

     昭和の噺家たちー20 溝口 浩 林家三平~源平盛衰記―3   さてこの三平は21歳、復員してからの入門です、父親が林家正蔵という売れっ子の師匠ですからここに入門して翌年には二つ目に昇進しました。もちろ・・・

昭和の噺家たちー19

さんぽ道

        昭和の噺家たちー19 溝口 浩 林家三平~源平盛衰記―2   昭和の爆笑王として今でも語り継がれている林家三平ですが三平の落語界での地位というのは、人気絶頂の時期でもかなり低いところにあったので・・・

昭和の噺家たちー18

さんぽ道

      昭和の噺家たちー18 溝口 浩 林家三平~源平盛衰記―1   昭和29年の芸術祭賞の大賞は「素人うなぎ」での桂文楽、奨励賞は「芝浜」での桂三木助でこの二人の落語会を聴いた話はこのシリーズの9回目でご・・・

昭和の噺家たちー17

さんぽ道

        昭和の噺家たちー17 溝口 浩 三代目三遊亭圓歌~授業中   先日の落語会で久しぶりに歌奴を見ました。現在の圓歌は私の中ではまだ歌奴なんです。そして聴いたのではなく見たのです、変わり果てた姿を。・・・

昭和の噺家たちー15

さんぽ道

          昭和の噺家たちー15 溝口 浩   三代目三遊亭金馬~孝行糖   「孝行糖、孝行糖。孝行糖の本来は、うるの小米に寒晒し。カヤに銀杏、肉桂(にっき)に丁字(ちょうじ)。チャンチキチ、・・・

昭和の噺家たちー14

さんぽ道

     昭和の噺家たちー14 溝口 浩 番外~馬生のちょっといい噺-3   普段食べに行ったことのないそばやさんである。幼い私はなかなか格子戸を開けて中へ入れず、風の中にいつまでも立っていた。体は冷え切ってフ・・・

さんぽ道

      昭和の噺家たちー13 溝口 浩 番外~馬生のちょっといい噺-2   馬生の随筆は続きます。 幼かった頃の私の家は貧しかった。ろくに食事にありつけない。そんな時、母がそば粉を買ってきて熱い湯をかけて、・・・

昭和の噺家たちー12

さんぽ道

    昭和の噺家たちー12 溝口 浩 番外~馬生のちょっといい噺-1   三十年近くお世話になっている主治医の先生から小さな冊子が送られてきました。東京の上野のれん会発行で名所の地図まで付いて定価200円です・・・

昭和の噺家たちー11

さんぽ道

      昭和の噺家たちー11 溝口 浩 柳亭痴楽~痴楽綴方教室 売りは「破壞し尽くされた顔の持ち主」だが素顔はまともです。それが無理に顔をひん曲げて不男にみせたのは、1950年に人気絶頂の中で交通事故で死んだ三遊亭歌・・・

ページの先頭へ