昭和の噺家たちー11

さんぽ道
1385903543

      昭和の噺家たちー11 溝口 浩 柳亭痴楽~痴楽綴方教室 売りは「破壞し尽くされた顔の持ち主」だが素顔はまともです。それが無理に顔をひん曲げて不男にみせたのは、1950年に人気絶頂の中で交通事故で死んだ三遊亭歌・・・

昭和の噺家たちー10

さんぽ道
20110830_1183403

   昭和の噺家たちー10 溝口 浩 桂三木助~芝浜―3 三木助は若い頃、大阪、名古屋へも流れるなど放浪を繰り返し、一時は日本舞踊花柳流の師匠となり落語も廃業しています。戦後も賭場通いを繰り返し日本橋界隈の賭場の連中に当・・・

昭和の噺家たちー9

さんぽ道
profile_img1

    昭和の噺家たちー9 溝口 浩 桂三木助~芝浜―2   昭和29年の暮れだと思うのですが早稲田の落ち研が凄い企画でした。その年の芸術祭賞の大賞は「素人うなぎ」での桂文楽、奨励賞は「芝浜」での桂三木助、その・・・

昭和の噺家たちー8

さんぽ道
20110925_1193764

      昭和の噺家たちー8 溝口 浩 桂三木助~芝浜―1   年の瀬になると歌舞伎なら忠臣蔵、落語なら、私は芝浜ですね。そして芝浜といえば桂三木助、1961年58歳の若さで亡くなりました。だから三木助の芝浜・・・

昭和の噺家たちー7

さんぽ道
%e5%9c%93%e5%bc%a5

     昭和の噺家たちー7 溝口 浩 三遊亭圓弥~七段目 地味な人なのであまり知られてはいませんが実力的には圓生の後継者と目されていました。 お囃子の名手で、踊りの名手。藤間流の名取りで志ん朝が主宰の住吉踊りでは座長の・・・

昭和の噺家たちー6

さんぽ道
%e4%bb%8a%e8%bc%94

 昭和の噺家たちー6 古今亭今輔~もう半分 溝口 浩   お婆さんもので売った今輔のおはこといえば「葛湯」なんかだろうけど、あえて古典の「もう半分」を紹介したいですね。噺家の団体は第4回目で紹介した春風亭柳橋が・・・

昭和の噺家たちー5

さんぽ道
%e7%94%bb%e5%83%8f153-1

   昭和の噺家たちー5 溝口 浩 金原亭馬生~鰍沢 昭和47年ごろの事でしたね。たまたま新宿末広亭の前を通りかかったら、夜の部の主任(トリ)が金原亭馬生。下足の小父さんの威勢のいい声に乗せられて何となく靴を脱いだのです・・・

昭和の噺家たちー4

さんぽ道
%e7%94%bb%e5%83%8f152

          昭和の噺家たちー4 溝口 浩 春風亭柳橋~蕎麦屋 1899年生まれ、日本芸術協会(後の落語芸術協会)を創設し、44年もの間、会長として君臨しました、大物です。 私の知る柳橋は勿論戦後ですから人気の圓生・・・

昭和の噺家たちー3

さんぽ道
%e6%9f%b3%e5%a5%bd

        昭和の噺家たちー3 溝口 浩 三代目春風亭柳好~野ざらし 出囃子の「梅は咲いたか」が流れ高座横の出演者を示すめくりが「柳好」に変わると客席は期待にどよめきだし、本人が高座に出ると拍手の嵐となり、「野ざらし・・・

昭和の噺家たち―2

さんぽ道
%e5%8a%a9%e5%85%ad-1

    昭和の噺家たち―2 溝口 浩 雷門助六~操り人形踊り 粋な名前です、先ずは雷門五郎、雷だからゴロゴロで五郎。初代雷門五郎を名乗りましたが1962年55歳で八代目雷門助六を襲名します。歌舞伎の花川戸助六といえば浅草・・・

ページの先頭へ